2005年8月 5日 (金)

~閑話休題:BuSuKuってダレよ!?(1)

”BuSuKu”というハンドルネームは、私が主に研究している、8世紀ころインドで活躍した仏教僧のシャーンティデーヴァという人のあだ名にちなんだものです。

この時代の人物としてはむしろ珍しいくらいに詳しい伝記が残されているのですが、それでもこのシャーンティデーヴァという人、なかなか謎な人なのです。

一般には中観派に属し、利他行的な実践を重視する学僧だといわれていますが、一方、伝記には、お天道様の出ているうちは修行も学問もせずに、食って(√bhuj)寝て(√sup)引きこもって(√ku-?)ばかりいやがる・・・、と同僚にからかわれて、こんなあだ名(”bhusuku”)とつけられちゃった、などというエピソードも書かれています。

| コメント (0) | トラックバック (0)