« おそうしき | トップページ | 四顛倒の妄念と四念処:ゆる~いまとめ(1) »

2005年11月24日 (木)

苦行と座禅

狭義の苦行(タパス)というと「断食」と「ヘンなポーズ」(!?)が代表的ですが、これらは精神力を鍛えることで神通力を獲得するために行うもの、というのが一般的な理解だと思います。

釈尊の悟りは神通力ではないので、その意味では苦行と悟りは直接関係ないですよね。解脱には必要ないものなので、八正道の中にも説かれていらっしゃらないのでしょう。ただし、釈尊ご自身がそのことを知るためには通らなければいけない道だったとはいえるかもしれません。

いわゆる座禅、ということについてですが、「禅定」は明らかに悟りの為に必要な実践です。禅定にも段階があるのですが、インド(大乗)仏教では完全な精神集中状態で、事物の実相を見極めるという知的な瞑想を行うので、本来、無念無想になってしまうような段階の禅定までには(悟りのためには)踏み込みません。

一方、中国の禅はそういう「頭空っぽ」状態をよしとする宗派もあったようですし、日本で一般に理解されている禅も、そっち系統に近いように思います。道元禅師の曹洞宗になると、もはや禅の修行自体が悟りの実践だとされるようになりますね。


« おそうしき | トップページ | 四顛倒の妄念と四念処:ゆる~いまとめ(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75967/7290954

この記事へのトラックバック一覧です: 苦行と座禅:

« おそうしき | トップページ | 四顛倒の妄念と四念処:ゆる~いまとめ(1) »