« 輪廻についての断章(2) | トップページ | まさに雑感―サブカルチックな「空」について »

2005年10月31日 (月)

輪廻についての断章(3)

この「私」にあたる概念(おそらくハイデガーの現存在/ダー・ザインというのと近いイメージの概念なんじゃないかとおもいますが・・・)を仏教では「人」(プドガラ)と呼ぶ ――といっていいと思いますが―― これは架空の存在(仮設有)であって、実在ではない、とされます。なぜなら、プドガラに対応する実在は、先に挙げた五蘊のどの範疇の中にも見出だすことができないからです。

しかしそれではプドガラは全く存在しない(畢竟無)なのかと言えばそうではない。現に、「自分」という意識(こちらはデカルトのコギトに近いイメージでしょうか?)は、存在に疑いを起こすという、そのこと自体が自らの存在を主張することになるような、そんな概念だからです。

こういう状態がまさに「無我」であり「空」ということになると思います。すなわち、プドガラは空なのです。ですが、現に生存し、「私」という意識を持っている私たちにとっては、その空なるプドガラこそが、「私」という言葉の指す対象となっているということもまた事実です。

では、この「私」という意識はどうして生じるのか、といえば、因果であり、縁起によって、そのような知覚が起こることによって、生じるのです。

「私」が存在するから認識されるのではなくて、認識が起こるから、それを追認する形で「私」という観念が生じ、それに名前が与えられることで、概念として固定化される。そして概念が言葉を介して共有されることにより、存在性が認定されることになります。

話を何が輪廻するのか、ということに戻すと、主観としては「私」が輪廻することになりますが、存在論的には因果の流れのみがある、ということになるのだと思います。


« 輪廻についての断章(2) | トップページ | まさに雑感―サブカルチックな「空」について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75967/6670763

この記事へのトラックバック一覧です: 輪廻についての断章(3):

« 輪廻についての断章(2) | トップページ | まさに雑感―サブカルチックな「空」について »